2019 at JICC

Animals in Japanese Outsider Art

障害者アートに描かれた動物たち

July.16-September.27,2019

(7月16日はオープニングのevening view として17-20時での開館)

(July 16,It will be held as evening view, 17-20 only.)

場所: JICC 在米国日本大使館広報文化センター(ワシントンD.C. )

JICC: Japan Information & Culture Center, Embassy of Japan

主催:ワシントンD.C. 在アメリカ合衆国日本大使館

Embassy of Japan in the United State of America

協賛:UPS,全日本空輸株式会社,株式会社 三恒(順不同:敬称略)


この企画展、Animals in Japanese Outsider Art は、ワシントンのナショナルギャラリーで開催される、The Life of Animals in Japanese Art( June 2‐August 18, 2019)と関連付けられた企画として開催されるものです。
ナショナルギャラリーでは日本の素晴らしいマスターピースが多く展示されますので、この二つの企画展は、いわば、アートにおけるオリンピックとパラリンピックのような位置付けであるともいえます。
実際に、日本においては、マスターピース以外にも動物を描いた優れた作品が多くあります。とくに知的障害や精神疾患のある彼らの作品には、とても独創的な視点で描かれた、豊かな色彩や独自の姿態を持つ動物たちが描かれています。したがって、動物を日常的な画題として選んできた日本のユニークな文化を、彼らの作品を通じて、マスターピースとは別の視点から、皆様に触れて頂くことが出来るのではないかと私たちは考えています。

This exhibition titled “Animals in Japanese Outsider Art” will be held in conjunction with “The Life of Animals in Japanese Art” at the Washington National Gallery of Art (June 2 to August 18, 2019).
The exhibition at the National Gallery of Art will showcase many wonderful Japanese masterpieces, it could be said that this exhibition is like the Olympics and Paralympics of art.
In fact, in Japan, there are many excellent works of art that depict animals other than the masterpieces shown in these exhibitions. In particular, artwork created by artists with intellectual disadvantages or mental illnesses often depict animals with rich colors and unique patterns, drawn from a truly unique point of view. We hope that through their artwork you will be able to experience the unique culture of Japan in which animals have been selected as everyday subjects. We hope that you might perhaps be able to view them not as masterpieces, but rather from a different perspective.

ワシントン・ナショナルギャラリー風景
JICC外観

オープニングの様子は以下のリンクよりご覧ください。