Art of the Rough Diamonds

「ダイヤの原石たち」展
 
わたしたちの存在・魂が揺さぶられる、出逢い。

Art of the Rough Diamonds

Concept

「ダイヤの原石たち」に出会うための企画展

 

この企画展 Art of the Rough Diamonds(ダイヤの原石たち:アート・オブ・ザラフ・ダイヤモンド)展は、知的障がいや精神障がいのある方々のための一般的な作品展ではありません。彼らの作品の中でもアートとして評価されるべきものを一堂に集め、純粋にその才能に焦点を当て、一作家として彼らを紹介。その作品性をもっと多くの方に評価いただき、楽しんでいただきたい。それがこの企画展の根っこにある想いです。
そして作品の展示販売を通じて、彼らが属する福祉施設、ならびに作家個人への還元を行ない、彼らに誇りと実益をもたらす一つの機会になればと願っています。
 

This is the exhibition to bump into The Rough Diamond Artists.

 
The exhibition aims to introduce the artists with an intellectual disability by focusing on not their disability but their creativity. We hope that the event will create equal opportunity for them as artists.
We also expect that the exhibition gives them the opportunity to be proud of themselves as they are and to make profit for them and the their welfare institutions.
 

criteria

 
 彼らの作品は当然のことだが作為的なものが無い。その意味で純粋芸術(fine art)である。彼らの内なるものの表現である。
 ある作家(北澤)は自分のミューズであるタレントだけを万華鏡のようにくるくると形や色を変えて描き、ある作家(松本)は自分の愛猫が日々見せる姿態を余すことなく美しい模様で装飾して描き、ある作家(岩本)はファッション雑誌の広告モデルに心を奪われ、好みのモデルを見つけてはブランドや欲望の意味も分からず自分の感性で写し描いている。ある作家(尾崎)はパステルという素材で迷いなく色と大らかな線を大胆に乗せて、作品に絶妙なマチエールを作りながら動物たちを可愛らしくデフォルメさせて描いている。ある作家は自閉症の持つ。彼女はその症状故、我々のような一般人とは違う形で自身の感情を発散している。作品という形で。美しく柔らかな水彩のドットを重ね、散りばめ、音楽のハーモニーのような作品を制作する。それは彼女の感情が表に現れた形である。嬉しい事があった時、悲しい事があった時、その時々の感情なのである。彼らは誰も何も求めていない、ただ表現された制作物そのものから彼らの言葉にできない感情や感覚思いが、見るものに間違いなく伝わって来る。見るものはそれらを不思議と何の説明もなく感じることができる。アートとは本来そうしたものではないか。だとすれば彼らの作品は間違いなくアート作品であり、アートの公共物としての価値は万人が享受するものであり、彼らはその制作姿勢と作品を正当に評価される場所で評価される機会があってもいいはずだと考える。
 これが長年アートの業界に身を置き、コンテンポラリーもオールドマスターもオークションもアートフェアもコマーシャルも文化的目的で開催された多くの展覧会を開催または観て来て、そして様々な作家達と交流してきたひとりのアートディレクターとしての私の評価である。
 

Art of the Rough Diamonds 実行委員会 代表 若尾尚美

活動の独自性:

1.マーケットの創造
 従来の販売方法では福祉に関心のある顧客層に限られる傾向があり、一定以上の拡大が見込みにくい状況にあります。大事な事は、一般の絵画市場において彼らの才能が評価され流通する流れを構築する事です。ただし国内の絵画市場はまだまだ狭いので、海外での評価を高めるために、海外のアートフェアやNYなどのギャラリー、美術館への出品を目指します。
 それに加えて一般企業がCSRの一環として彼らの絵画を購入する流れを作ることで、国内マーケットの裾野を広げることを目指します。
 
2.「ダイヤの原石たち」の発掘
 ダイヤの原石たちが全国に埋もれています。しかし積極的に絵画の販売を目指す福祉施設は限られており、またそれを行うにはヒト・モノ・カネすべての面で現実には難しい状況にあります。そこで私たちが全国の施設と連携して、才能のある作家の発掘、そして市場での育成を一緒に手がけて参ります。その際重要となるのは、アート作品として評価しうる絵画、すなわち今後市場で評価される作品を見極める事です。これについては専門家を中心に厳正に行なって参ります。


 
私たちは、SDGS「Sustainable Development Goals (持続可能な開発目標)」の以下の目標の達成に取り組みます。
 
10:人や国の不平等をなくそう
(その中の具体的な目標のひとつ)
「2030年までに、年齢、性別、身体障害、人種、民族、起源、宗教、経済的またはその他の地位にかかわらず、すべての社会的、経済的、政治的包摂を強化し促進する。」
 

Details of our Activities

1. Creating a Marketplace

Artwork created by individuals with disabilities has been purchased by only a small number of art buyers who had a focus on supporting artists with disabilities.  Therefore it is important to present such artwork alongside other recognized artwork by individuals who are not necessarily considered to have disabilities.  The art market in Japan alone is still small in scale relative to the global art market and therefore it is imperative to have artwork created by individuals with disabilities exhibited in overseas art galleries and art fairs.
In addition, artwork by individuals with disabilities should be brought to the attention of corporations who engage in social philanthropy so to encourage such corporations to purchase artwork by individuals with disabilities.
  

2.Evacuation of ‘Diamond Rocks’

We think of individuals with artistic talent as Authors with outstanding talent, buried diamonds are buried. However, welfare institutions actively engaged in the sale of paintings are limited, and in order to do it, it is in reality difficult situation in all aspects of human, mono and money. So we will work with institutions nationwide to discover talented artists and train them on the market together


Our activities contribute to the achievement of SDGS.
Target we place emphasis on is as follows.
 
No. 10 (REDUCED INQUELITIES) 
By 2030, empower and promote the social, economic and political inclusion of all, irrespective of age, sex, disability, race, ethnicity, origin, religion or economic or other status.
 

出品作品はInstagramにてご紹介!
http://instagram.com/art_of_the_rough_diamonds
 
展示会の最新情報はfacebookにて配信します!
https://www.facebook.com/artofroughdiamonds

Schedule

2018 第3回 Art of the Rough Diamonds展 

 
2018年度は、昨年開催させて頂きました伊藤忠青山アートスクエアの 会場が改装に入るため国内開催はお休みとさせていただきます。その代わりとして、私たちのミッションを前進させるために現在、海外開催の企画を進めさせて頂いております。
詳細につきましては、概要が決まり次第こちらのサイトでお知らせさせて頂きます。

 

Results

第1回Art of Rough Diamonds展

会場:セルリアンタワー(東京都渋谷区)
会期:7日間 平成27年12月12日〜18日
来場者数:473名 
主催:Art of Rough Diamonds実行委員会

第2回 Art of Rough Diamonds展

会場:伊藤忠青山アートスクエア(東京都港区) 
会期:9日間 平成29年4月15日(土)〜23日(日)
来場者数:1225名
 
主催:Art of Rough Diamonds実行委員会
協力:伊藤忠商事株式会社
共催:東京愛宕ロータリークラブ、港区、障がい者の自立のために所得向上を目指す議員連盟

Art of Rough Diamonds巡回展

会場:Behind The Museum Cafe(米国オレゴン州)
会期:60日間 平成29年9月3日から10月30日
来場者数: 518名
主催:Art of Rough Diamonds実行委員会

About Us

 
■名称:Art of the Rough Diamonds 実行委員会 (任意団体)
 英文表記 Art of The Rough Diamonds Committee.
 
■設立:平成27年12月1日
 
■運営組織: 
 代表: 若尾尚美   青山美術株式会社 代表取締役 
 委員: 那部智史   NPO法人Alon Alon 理事長  
 委員: 柳 邦明   株式会社エルフ商事  代表取締役 
 委員: 鬼頭秀彰   ZACCESS Consulting株式会社 代表取締役 
   
 協賛団体:東京愛宕ロータリークラブ
 
■活動目的:
知的障害のある方(mental disabled)で美術的才能を有するアーティストの自立と作品評価を高める支援を行うことを目的とする。
 
■活動内容:
 当委員会は、前条の目的を達成するために、次の活動を行う。
    (1)展示会の開催。
    (2)国際的な活動に関する各種情報の収集と提供。
    (3)各種友好交流団体や福祉施設との連携。
    (4)その他目的達成のため、委員会が必要と認める事項。
 
■事務局:
 〒 151-0064 東京都渋谷区上原1-32-19-302 渋谷CUBE内 
   TEL: 080-2439-5568    FAX: 03-6407-1291  E-mail: info@aoyamaart.com